【マイクラ】村人を増やしつつ取引をはじめる

こんにちわーふるとです。

前回のマイクラではゾンビスポナーを利用したトラップを作り

腐肉や経験値を集めました。

しばらく雪原の村から離れていたので

今回は村人を増やしつつ取引をやっていきます。

こつこつ村人を増やす

以前村人を少し増やして現在村には16人の村人がいます。

【マイクラ】村人を増やして安全確保をしてみた

ベッドはすでにたくさん置いてありますが追加で少し増やしました。

じゃがいもをあげつつ夜になったら寝るという生活を何回か繰り返しているうちに

少しずつ新しい村人が誕生していきます。

途中またもや略奪者がやってきました。

しかも旗持ちもいます、、、、。

旗持ちを倒すと不吉な予感という効果がついて

牛乳を飲んで解除しないと略奪者の襲撃イベントが始まってしまいます。

ふると

牛乳用意してないし襲撃者イベントはまだきつい、、、
とりあえず逃げて牛乳と溶岩もってこよう

あお

村から離れて畑に行き溶岩と牛乳を持ってきたら略奪者はいなくなってました。

ふると

村人も全員無事
よかった

あお

職業ブロックを置いて転職

少しずつ村人が増えてきたので

村人を転職させるために使う職業ブロックを作って置くことにしました。

とりあえず用意したのは

製図家になるのに必要な製図台と司書になるのに必要な書見台です。

製図家と司書は紙とエメラルドを取引してくれるので便利です。

書見台は牛を倒して手に入る革とサトウキビで作れる神から本をつくり

こんどは本から本棚をつくり

そこからさらに本棚と板のハーフブロックを使って作るので大変でした。

村に戻り製図台と書見台を置いたら何人かが製図家と司書になりました。

紙と作物で取引

さっそく製図家と司書と元から村にいた農民と取引開始です。

何回か紙とエメラルドを交換すると司書のレベルが上がり取引できるものが増えました。

ふると

修繕持ちの司書に会いたい
いたら全力で保護しよう

あお

交換して手に入ったエメラルドは道具鍛冶と交換します。

エメラルドの対価が石のクワやツルハシというのは

少しわりに合わない気がしますがいずれダイヤの道具と交換できるようになるまでの辛抱です。

取引で大量の紙と作物を使うので畑と牧場に戻り少し畑を広げました。

畑と雪原の村を何度も往復して村人と取引していますが

いずれはネザーを使って移動距離を短縮するか村人を畑まで連れてこようと思います。

雪原の村と畑を往復して取引しているうちにも少しずつ村人は増えて

3体目のアイアンゴーレムも誕生しました。

次回のマイクラでものんびりと村人を増やしつつ取引をして

村人のレベルをあげて取引できるアイテムを増やしていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。